松平勝男の不器用だから出来る逆転合格の極意

通常、親は子供に対して、「やればできるんだから、頑張ってもっと勉強しなさい!」
なんて言葉を言ってしまがちです。

 

しかし、子供のために良かれと思って言った励ましの言葉が、
子供にとっては単なる負担にしかなっていないことに気付かなければなりません。

 

これでは、いくら頑張って何時間も勉強したどころで、
精神的に子供は持たなくなってしまうのがオチです。

 

そして、このような受験における現状を何とかしてあげたいと思い考案されたのが、
松平勝男の大学受験勉強法なのです。

 

この勉強法は、松平勝男さん本人も実践し、
毎日8時間も睡眠を取りながら勉強していたにもかかわらず、
わずか35日という短期間で偏差値70という数字を叩き出し、日本の大学の最高峰にあたる
東京大学に合格した勉強法です。

 

この松平勝男の大学受験勉強法とは、できるだけ無駄を省き、
勉強の能率を極限にまでアップさせる勉強法で、
長時間の勉強量はもちろん、合格請負い人と言われるような優秀な先生などは一切必要がありません。

 

 

マニュアルによると、成績が上がらないのは、何も特別な素質を持っていないわけではなく、
単に脳が学習した知識を吸収するための態勢が整っていないだけで、
ある正しい勉強法を取り入れるだけで、まるでスポンジのように知識を吸収し始め、
わずかな勉強時間のみで、成績を急激にアップさせることができるようになるようです。

 

また、松平勝男の大学受験勉強法の特徴として、
大学受験に合格するには、完璧な知識は必要ないという点に着目し、
試験で点を取ることだけを考えて作られているという点です。

 

マニュアルでは、勉強のスケジュールを予定通りに進めるために、
期日を決めて集中してあることを実践していき、
加えて、完璧な知識が求められない受験の特性を逆手に取り、
大学受験合格に必要な出題範囲を短期間で習得していくことによって、
最短距離で合格を掴み取るようになっています。

 

他にも、長文読解問題攻略法や誰でも簡単に読むスピードが2〜3倍にアップする速読術など、
受験本番においても役に立つ勉強法も解説されています。

 

さらに、他の大学受験攻略マニュアルとは違い、
どんな資格試験にも応用できる勉強法で、
実際に、マニュアル作者の松平勝男さんは、漢字検定1級をはじめ、
合格率が10%にも満たない情報処理技術者の試験も、
わずか1ヶ月という短期間の勉強量でラクラク突破しています。

 

このように、このマニュアルに書かれている勉強法を自分の物にしてしまえば、
より少ない勉強量で短期間で楽に試験に合格できるコツが身に付き、
大学受験以外にも大きな成功を手にすることができるようになり、
性格は明るくとても前向きになり、今後の人生はとても充実した物になるのです。

 

松平勝男の大学受験勉強法【逆転合格の極意】<<<