松平勝男監修 “超らく”韓国語マスター術

「韓国語ドラマを見たいけど、何だか韓国語って暗号のように見えて覚えにくそう・・・」
なんて諦めている方がいるかもしれません。

 

もし、同じように考えているなら、あなたは誤解をしています。

 

実は、韓国語ってある勉強法に基づいて学習すれば、
短期間で覚えることはとても簡単なのです。

 

その韓国語を短期間覚えることができる勉強法が、
東大法学部出身・松平勝男監修の「“超らく”韓国語マスター術」という韓国語勉強法です。

 

この「“超らく”韓国語マスター術」という韓国語勉強法マニュアルでは、過去に何度も韓国語の勉強に挫折した32歳の主婦が、1日たったの10分という短時間の勉強で、2週間後には韓国語ドラマの字幕が読めるようになり、53日後には通訳なしで韓国旅行に行けるまでになった韓国語勉強法が公開されています。

 

では、なぜ韓国語講師でもなく、韓国に一度も留学したことがない普通の主婦が、
ほぼ完璧に韓国語をマスターできるようになったのか、
「“超らく”韓国語マスター術」というマニュアルの秘密を見ていきましょう。

 

韓国語をマスターするのに途中で挫折した方の多くが、単語集や辞書を丸暗記したり、
韓国語講座などのラジオ番組などを何回も聴いて覚えようとしているようですが、
これでは効率が悪くなかなか覚えることができないのです。

 

実際に、韓国語の日常会話で必要な単語数は、大体2000語くらいだそうですが、先程のような覚え方をしていては、到底覚えるのに無理な単語数です。

 

でも、韓国語にしかないある特性に着目して学習すれば、簡単に覚えることができるのです。

 

そして、「“超らく”韓国語マスター術」は、この韓国語の特性に着目した勉強法なので、
短期間で韓国語をマスターすることができるようになるのです。

 

その韓国語の特性に着目した方法とは、まず、単語を覚えることで頭の中で組み合わせることができ、
単語の数も自然と増えていき、読み方から熟語が作れるようにもなります。

 

次に、パッチムという語尾の子音の発音を覚えてしまい、
韓国語のヒアリング能力をアップさせることができるようになります。

 

その後、日本語の50音をハングル文字に変換できる特性を利用して暗号化することで、
難しく考えずに遊び感覚で簡単にハングル文字を使って文章を書けるようになっていくのです。

 

 

基本的には、この3つの流れだけで韓国語はマスターできてしまいます。

 

“超らく”韓国語マスター術」では、この韓国語の特性を活かして、4つのステップごとにマスターしていき、1ステップずつステップアップしていく形になっています。

 

最初のステップ1では、挨拶や自己紹介など韓国語の基本的な日常会話をマスターしていきます。

 

次のステップ2では、飲食店での注文や人の名前や看板などに書かれているハングル文字を暗号化して読めるようにします。

 

さらに、3つ目のステップ3では、英語とハングル文字を組み合わせた韓国語マスター術やネットでの新しい情報の集め方など、ハングル文字を応用した裏ワザをマスターします。

 

そして、最後のステップ4では、丁寧語の使い方、語彙力を増やす方法、日本語のハングル文字変換方法など、韓国語を総合的にマスターしていきます。

 

他にも、本場韓国のネイティブの発音を聞き流すだけでマスターできる
音声ファイルも付いていますので、より一層韓国語の理解を深めることができるでしょう。

 

この4つのステップをマスターした後、あなたは、韓国語のドラマを字幕なしに、
憧れの韓流スターの声そのままで楽しめるようになりますし、
多くの韓国人と友達になれたり、韓国の文化や伝統に触れることができるようになれるのです。

 

韓国のことが大好きで、本当は韓国のことをもっと知りたい方にとって、
これほど心強い韓国語マスター術はないのではないでしょうか。

 

松平勝男の超らく韓国語マスター術<<<