ユダヤ式記憶術のポイント

何回書いても、何回読んでも、そのまま記憶する丸暗記では、
いつまで経っても記憶することができず、記憶してもすぐに忘れてしまいます。

 

なぜなら、丸暗記の記憶方法では、知識と知識の間に関係性がないために、
知識が分断されて体系化されていないからなのです。

 

実は、知識と知識の間に関連付け(理屈)があれば、
記憶しやすいということが研究によってわかっています。

 

関係性があり、その関連付けの理屈を深く理解することで、
たくさんの知識を記憶することも、思い出すことも簡単にできるようになり、
ずっと忘れることがないと言われています。

 

そして、この知識間の関連性を理解し、体系的に知識を記憶していく記憶方法が、
試験に受かるユダヤ式記憶術なのです。

 

この試験に受かるユダヤ式記憶術は、マニュアル発案者の松平勝男さんが、
自ら実践し、日本の最難関大学の東京大学の法学部に合格後、
大学院にも進学して、社会人になってからも合格率一ケタ台の難関資格を取得した他に、
41ヶ国語もの外国語をマスターできた記憶術です。

 

これまでの記憶術と比較してみると、これまでに世の中に出回っていた記憶術は、
知識と知識をイメージ化して連想することで結び付けて行きますが、
これでは、知識間に関連性がないため長期間記憶することができないのです。

 

また、原因と結果などの因果関係のような、知識間を関連付けて体系化できてないので、
なかなか思い出すことができません。

 

加えて、これまでの記憶術のように、
無理やりイメージして結びつけて連想することには限界があり、
途中で嫌気がさし、やる気がなくなって諦めてしまう場合が多いという欠点もあります。

 

特殊な能力でもない限り、莫大な知識をイメージ連想で記憶していくことは困難だと言えるのです。

 

松平勝男の試験に受かるユダヤ式記憶術 画像

 

一方で、ユダヤ式記憶術の方を見ていくと、
知識間を関連付けることで体系的に捉えることによって、
知識間にある理屈を理解することができるので、
長期間記憶しておくことができます。

 

しかも、このユダヤ式記憶術が優れているのは、
体系化する図式はたった一つだけで良いという点です。

 

このシンプルな図式を記憶するだけなので、
無理なく長期間記憶し続けられるというわけなのです。

 

さらに、何度も言うように知識間に関連付け(理屈)が存在するので思い出しやすく、
関連付けが多ければ多いほど、より思い出せる可能性が高くなるのです。

 

特に、理論的に物事を考えていく左脳が発達している大人であればあるほど、
この方法が難なくマスターできると言えます。

 

そして、何よりも特殊な能力や才能などが関係してくる右脳ではなく、
普段私たちが使っている左脳による記憶方法だということ。

 

また、記憶する図式も非常にシンプルなので、誰でも簡単に使いこなせる方法なのです。

 

このユダヤ式記憶術を実践することによっていろんなメリットを得ることができ、
記憶ができるようになるいことで自信がつき、
精神的にも余裕が持てるようになり、
何事にも前向きに取り組めるようになります。

 

それに、大学受験や資格取得はもちろんのこと、社会に出てからも通用する能力が身に付き、
ビジネス面で大きな武器となってくれるというメリットこそ、
このマニュアルの最大のメリットだと言えるのではないでしょうか。

 

松平勝男の試験に受かるユダヤ式記憶術<<<