左脳型速読術とは

試験に役立つ左脳型速読術は、マニュアル開発者の松平勝男さんが、
たった1冊の本を読むことさえできなかったにもかかわらず、
1日わずか1時間のみの学習で、
読むスピードが5〜10倍にまで速くなり、東京大学合格をはじめ、
数々の最難関資格試験合格や40カ国もの言語習得を実現した速読術です。

 

このマニュアルで解説されている左脳が持つ能力を利用することで、
本に書かれている内容を瞬時に把握して頭に叩き込むことができるようになれます。

 

速読術には、右脳型速読術と左脳型速読術の2つがあり、
右脳型速読術は、一般的に才能が必要とされ取得が難しいと言われていて、
五感を駆使し、文章を映像として捉え、イメージ化した映像の文章を読んでいく速読術です。

 

一方で、左脳型速読術は、右脳型速読術とは違って、才能は必要とせず、
論理的な思考をする際に使う左脳によって、
言語・計算・問題文など論理的に文章を読み進めていくため、
試験問題が論理的文章構造を持っている受験や資格試験向けの速読術なのです。

 

 

そして、まさにこの受験や資格試験に適した左脳型速読術を利用した、
松平勝男さんの試験に役立つ左脳型速読術で行なうことは、大まかに見てみると、
まず、論理的文章構造を理解しつつ、ひらがな・漢字・カタカナ・ローマ字など、
日本語特有の文字体型を逆に上手く利用しながら読み進めていく練習をしていきます。

 

また、この試験に役立つ左脳型速読術の特徴としては、
英文の速読にも適していると言う点です。

 

英語を音読して読み進めていき、
あるポイントに注目しながら英語をそのままの語順で読むだけで、
読むスピードや読解力だけでなく、語彙力や構文力も自然と身につくようになっていきます。

 

さらに、このマニュアルを実践することによって、
学習時間はわずかな時間だけでよく、読むスピードがアップするだけでなく、
一度覚えれば二度と忘れることがなくなり、
1ランクも2ランクも上の学校に進学することも可能にしてくれます。

 

他にも、たくさんの外国語も覚えることができたり、
受験以外の様々な資格試験などにも効果があったり、
企画書などのビジネスシーンにも活用できます。

 

しかも、学習時間も大幅に減らすことができるだけでなく、
たくさんの知識を苦労して記憶する必要もなくなります。

 

このように、日本語の速読だけでなく、英語の速度も可能にし、
数多くの最難関試験の合格にも大いに役立つなど、
あなたの中に眠っている様々な可能性を引き出すことができるのが、
この試験に役立つ左脳型速読術のメリットだと言えるでしょう。

 

松平勝男の試験に役立つ左脳型速読術<<<